シャッツ法律事務所は、国際企業法務・雇用法務と関連の紛争解決を専門とする法律事務所です。

シャッツ法律事務所は、他国在住経験と多数の言語に精通する弁護士が所属する法律事務所で、アメリカ国内に限らず海外のクライアントに米国案件のみではなく国際案件の業務を提供する法律事務所です。

さまざまな国でビジネスの経験を持つ弁護士を接点として運営されているため、クライアントの所在国にかかわらず、国際的な感覚と経験は勿論、典型的なアメリカ法律事務所とは違った視点とサービスを提供致します。また、言語や文化の問題を超えた効果的かつ個人的配慮を配った業務を行い、質の高い法律業務とクライアントの期待を超える業務をするために最善を尽くします。

当事務所の目標は, 効率かつ信頼のあるコミュニケーションラインを確立し、クライアントが法的問題を理解したうえで戦略を立て、問題解決をすることです。 その過程においては、クライアントの視点と状況を理解した上で、法的解決方法とクライアントの思考との相違のギャップを埋めることを重視します。また、クライアントとの長期的な関係を保つために、それぞれの案件の複雑さの度合いに応じた適正な弁護士料と業務によってクライアントに納得いただき、自身を持った業務提供を確認します。

アメリカに限らず、海外の法律事務所あるいは弁護士との連結を持つため、案件の量や内容によっては、 他の事務所と連結を図ることによって業務を提供させて頂くこともあります。 こうした事務所の方針がクライアントの国際事業成功とクライアント個人に価値のある結果につながっていくのであり、 最終的にはクライアントとの長いお付き合いと信頼を得ることができるのだと信じています。
                                           

事務所代表 井上奈緒子