シャッツ法律事務所は、国際企業法務・雇用法務と関連の紛争解決を専門とする法律事務所です。

パラリーガルプロフィール

プラチ アグラワル (Prachi Agrawal)

マプラチ アグラワルは、インドで認可されている弁護士で、事務所ではパラリーガルとして勤めています。

インドでは弁護士として、欠陥工事、土地所有権、契約違反、債権回収、不動産売買や賃貸問題や商業関連に関する紛争解決に関わってきました。また、離婚訴訟や仲裁・調停等個人に関わる訴訟において経験があります。

学歴として、インド国立大学を卒業した際、憲法法と財産権法において表彰を受けました。その後2021年にワシントン大学法学部(LLM)を卒業しました。

その後当事務所にて現在多岐にわたって訴訟の管理をしています。

弁護士資格及び裁判所出頭認可:
  • インド
学歴:
  • ワシントン大学(LLM)
  • インド国立大学法学部2015年卒業(B.A.LL.B)
  • 憲法・財産法最優秀賞受賞
言語:
  • ヒンディー語
Publications and presentation:
  • Submitted a research seminar paper on India during Covid-19: In compliance with or in violation of International Human Rights Standards at University of Washington. (2021)
  • Presented paper on ‘Pirating the Cyber World: Cyber Squatting’ at the 12th Justa Causa Seminar, highlighting problems arising due to lack of laws combatting cybersquatting and recommending solutions against Cyber Squatting within the gambit of Cyber Law and trademark law in India. (2014)
  • Presented paper on Gate keepers of Corporate Governance attempting to assess the legal and institutional aspects of investor protection and corporate governance in India in respect of its smoke screen representation and the reality of its implementation, the existing code through the perspectives of SEBI and the ‘Doctrine of Ultra vires.’ (2014)
  • Presented paper on ‘ISP’s liability: Restraining Freedom or Restricting Piracy’, dealing with the execution and effectivity of the internet copyright laws in India and the Indian scenario with the interrelationship between the Copyright Act and the IT Act and the apparatus between these two Acts (2012)
  • Organized several programs as a member of the legal aid committee for reaching out to the underprivileged section of the society and spreading awareness regarding legal rights and remedies available to them. (2010-2015)